SPACE-RADのどうでもよし。

スピリチュアルに関して疑問に思った事などを書いています。

虚構の中で虚構に生きる。

こんにちは、Space-radです。

 

今日は職場で同僚と話をしていて、ふと思った事を書いていきます。

 

以前勤めていた病院で終末期の患者さんのご家族様に、

このように聞かれた事があります。

 

「いつ、死にますか?」

続きを読む

「自分の物語を創る」情報の整理と分析、その事例。

こんにちは、Space-radです。

 

前回のブログ記事に引き続き、事例を立てて実際に情報の整理をやっていきます。

 

dragon-cosmos.hatenablog.com

 

 

 

モデルとなる人物を選ぶに当たり、実在の人物を選択するとなると、

歴史上の人物に限定されてきます。

私は時々歴史の動画やブログ記事も読んだりするのですが、

誰か一人をここで上げられるほど、詳しく精通している人物もいないため、

結局の所、架空の人物に落ち着きました。

 

ですが、私は子どもの頃からドラマという物を一切見ませんし、

最後に読んだ漫画はワンピースの10巻前後(途中で止めてしまったので)、

バイオハザードを最後に新しいゲームも全く手つかずですし、

最後に見たアニメは確か「ハウルの動く城」だったように思います。

 

仕方がないので、私が昔好きだった漫画からモデルを取ることにしました。

 

 

そこで、「聖闘士星矢」の双子座のサガをモデルとして選びました。

 

f:id:space-rad:20210219175051p:plain

 

 

蛇足ですが、漫画のキャラとはいえ、

かなり厳しい分析結果となってしまいました。

 

もしかしたら、中には気分を害される双子座の方もいらっしゃるかもしれません。

続きを読む

「自分の物語を創る」(魔)改造版。

こんにちは、Space-radです。

 

「自分の物語を創る」というツールを、

看護過程の考え方をベースに再構築してみました。

 

各項目の細かく指定した情報は、全て集める必要はなく、

分からない物は飛ばしてもよいです。

また、同じ情報が違う項目に入っても大丈夫です。

(認知・知覚と自己知覚の両方に、入浴という情報が入っても大丈夫です)

あまり深く考え込まず、自分で「こうかな?」と思った所に、

どんどん情報を入れていってください。

 

できれば、自分が思った事だけでなく、他人から言われた事(几帳面、

一緒にいると楽しいなど)も入れると、より情報に深みが出ます。

続きを読む

その怒りの意味。

こんにちは、Space-radです。

 

引き続き、「物語を創る」セミナーで思った事を書いていこうと思います。

 

なぜ、こんなにねちねちと書き続けるのかというと、

何も得るものがなかったと強く感じたから、

そのセミナーで感じた違和感を、どんどん言語化することにより、

自分の怒りをや悲しみを鎮めたいのです。

 

他人の感情と日々向き合う仕事をしているせいか、

こういう時は自分の中にある怒りを、ある程度表現しないと、

自分の中に澱のように溜まっていくような気がするのです。

 

感情を表現しないで、内に内に溜めこむ事は精神衛生上よくないです。

ですから、今回も良くない内容の事をばんばん書いていきます。

 

それにしても、どちらかというと私は、

こういうセミナーに割とお金を使ってきた人間ですが、

こんなに腹が立ったのは生まれて初めてです。

続きを読む

心理的安全性を発動させるための恐ろしく過酷で残酷な条件。

こんにちは、Space-radです。

 

以前、「心理的安全性とは何か」という記事を書いたのですが、

どうも掘り方が浅かったため、もう一度調べ直してみました。

 

dragon-cosmos.hatenablog.com

 

今回は、深堀りが目的のためかなり激辛な内容になります。

参考にさせていただいた記事や動画は以下となります。

 

mirizerocket.com

 

www.nakahara-lab.net

 


心理的安全性とは? 心理的安全性の高い職場と、ぬるま湯職場の違い

 

続きを読む

響かない人。

こんにちは、Space-radです。

 

ここ数日、先日参加したセミナーの何が良くなかったのかを書いてきました。

そして、せっかくなのでそれを当事者本人にぶつけましたら、

 

「Spaceさんの論理的思考、素晴らしいです!」

 

という謎の言葉と謝罪がありました。

 

それを見て私は思いました。

「この人、響かない人だ」

続きを読む