なんでもよし。

最早、何でも良い。

自分の頭で考える事を放棄してはいけない。

最近、職場で介護スタッフの人事に関わる人が変わったため、

割とまともなスタッフが入るようになりました。

 

マネージャーが、非常に威圧的で、好き嫌いの激しい気分屋なため、

気に入らない責任者やケアマネ、介護スタッフを威圧し、

仕事のできる人材がこぞって辞めてしまい、本当に大変だったのです。

 

このマネージャーは、とにかく人を見る目がなく、

自分の意見を一切言わず、

ニコニコペコペコしてくれそうな人を基準に選んでいました。

 

 

 

特に、去年の夏からは、外国人(東南アジア系)を大量に雇い、

その殆どが、ニコニコと非常に愛想が良く、

自分の意見がない(考えない)人たちばかりだったので、

何かを叱ったり、注意したり、依頼しても、

そもそも考えない(やる気がない)ので、

日本語が理解できず(する気もない)、

ただただ、ニコニコヘラヘラしているだけでした。

 

その中で少数いた、仕事のできる人材だけが辞め、

このニコニコヘラヘラだけが居残り、

入居者さんからのクレームは増え続け、

遂には退去してしまう人もいました。

 

最近では、同じ外国人でも、最低限の日本語を理解し、

やるべき事はやってくれる人が増えつつあるので、

助かっています。

 

愛想なんか、格別良くなくたっていいのです。

 

仕事なんですから、失礼でなければ十分ではないでしょうか?

 

あのまま、あのマネージャーが人事に関わっていたら、

本当にこの施設は倒産する所でした。

 

 

 

ところで、このニコニコさん達が仕事ができないのは、

日本語が通じないからなのだろうか?と、

最近、疑問に感じる事がありました。

 

ある時、私はあまりにも日本語が通じないので、

試しにたどたどしい英語で話しかけてみました。

 

しかし、全く通じませんでした。

 

ただ、黙して無意味にニコニコされただけでした。

 

このような反応を見て、

彼らは、確かに言語的ハンデを背負っていますが、

母国語でも、案外、大した言語能力を持たないのではないか?

と、思ったのです。

 

実際、日本人で英語圏の国に働きにでかけたものの、

英語が全く話せず、しかし、地元の人が皆とても優しく、

仕事を手伝ってくれたので、英語が話せなくても大丈夫!

みたいな事をブログに書いている人がいましたが、

この日本人の立ち位置は、

私の職場のニコニコさん達と同様ではないのか?と、

強く感じました。

 

 

 

また、このニコニコさん達を見ていると、

どうにも自分の亡き母を思い出してしまいます。

 

私の母は、中卒で字が上手く書けず、大変口下手でした。

 

外では非常に大人しく、常に誰かの後ろをついて歩き、

自分の意見を持つなど思いもよらず、

それによって、自分の望みと大きくかけ離れた結果が現実になると、

家で子どもに不平不満をぶちまける、という人でした。

 

私は、この母と真逆の性格をしており、

集団に属していても、何か変だと思えば、結構あっさり離れますし、

自分がこれをしたいと思ったら、他人の事などおかまいなしです。

 

そんな私を見て、母は良く

「あんたは、よく一人でやるな(怖くて、自分にはできない)」

と言っていました。

 

しかし、私からすると、

「自分の大事な人生を、よく放棄できるな(怖くて、自分にはできない)」

と思ったものです。

 

ですが、そうは言っても、私自身も母の生き方には、

多かれ少なかれ、何かしらの影響を受けているのか、

第一印象で、他人に舐められやすいという短所を持っています。

 

大抵は、大きく印象が変わるようですが、

この辺、ちょっと自分も真面目に課題として取り組んだ方がいいかな、

という事を思いました。